タイカレー

マッサンカレー

タイカレーとは、代表的なタイ料理のひとつで、香辛料を利かせたスープのことである。

「カレー」と呼ばれているが、

これは外国人がカレーに似ているということで勝手にそう呼んでいるだけで、

インド発祥のカレーとはまったく別物である。正式名称はゲーンという。

レッドカレー(ゲーン・ペッ)

タイ語の名前は「辛いゲーン」の意味。
オレンジ色~赤色の辛そうな見た目は赤唐辛子の色である。
見た目通り実際に辛いのだが、日本人向けのものは辛さを抑えていることがある。

タイカレー2

グリーンカレー(ゲーン・キャオワーン)
「緑の甘いゲーン」の意味。緑がかった色は青唐辛子などの色。
甘いといっても甘口カレーのように辛さ控えめというわけではなく、しっかり辛い。

タイカレー

イエローカレー(ゲーン・ガリー)
「カレーのゲーン」の意味。ガリーを巻き舌で発音するとそれらしく聞こえる。
カレーとしてはおなじみの香辛料、ターメリックが入っていて黄色い。
ちなみにタイ語では日本のカレーのことを「ゲーン・ガリー・イープン」と呼ぶ。

タイカレー3

マッサマンカレー(ゲーン・マッサマン)
マッサマンは元々タイ語ではなく、
「イスラムの」を意味する ペルシア語のムスルマンが語源である。
名前の通りイスラム教の戒律で許されている(ハラール)種類の食材が使われることが多い。

マッサンカレー

アメリカの人気情報サイト『CNNGo』で、タイ南部のご当地カレーが

「世界で最もおいしい50種類の食べ物」の第1位に選ばれましたマッサマンカレー!!

今世界中から注目されている人気急上昇中の絶品フードとなりました。

インドのカレー

カレー7

北インドと南インドでカレーは違う

北インドと南インドでは、カレーに使うスパイスや具材などが大きく異なります。

これはインドカレーだけの特徴として挙げられます。

北と南で気候や文化も大きく異なるので、当然として食文化も異なるのですが、

あくまでインドのみであって他の国ではそういったことは見られないんですね(´・ω・`)

 

北インドではどろっと濃厚なタイプが主流。

牛乳や生クリームなどを使用しているためこってりと濃厚で、油分が多いのが特徴。

スパイスはクミン、カルダモン、ターメリック、ガラムマサラなどがメインです。

チキンやマトンなどの肉類がメイン

「カレーとナン」という組み合わせは、小麦が主食の北インドのもの

 

南インドは、カルナータカ州、アーンドラ・プラディーシュ州、ケララ州、タミル・ナードゥ州の4つの州を指します。

南インドカレーは水分が多くシャバシャバしています。

マスタードシード、レッドペッパー、カレーリーフなどのスパイスが主

水分が多く、酸味やスパイスの辛さを効かせたカレーで魚介類や野菜、豆を中心としています

主食はお米

 

 

代表的なインド料理

チャパティー(アーター)

小麦の全粒粉から作られる、茶色く、平たい形状をした無発酵の薄焼きパンです。

北インドでは最もポピュラーな主食となっています。

チャパティ

 

プーリー

チャパティーを油で揚げたもので、揚げたては風船のように大きく膨らんでいます。

 

ナーン

醗酵させた小麦粉の生地を、木の葉の形状に焼いたパンです。

正式には、タンドゥールと呼ばれる窯で焼きますが、オーブンで焼くこともあります。

 

ナーン

 

ローティー

インドのパン類の総称です。ナンと同じ生地を円盤状に焼いたものをローティーと呼ぶこともあります。

地域によって、様々な種類のパンを指します。

 

パラーター(パロータ/パラタ)

チャパティーの生地に油を練り込み、パイ生地のようにして焼いたパンです。

 
米類
チャーワル

白米御飯のことです。インドのお米は粘り気が少ない品種を、茹でこぼして調理 するため、とてもあっさりした食感です。

 

プラーオ

味付けをした御飯です。白米と同じく、汁や炒め物と混ぜて食べます。

 

ビリヤーニー

日本で言うこところの、炊き込み御飯です。
野菜料理
アチャール

青マンゴー、ジャックフルーツ、レモンなどをスパイスした上で、油などで日干しし漬け込んだピクルスです。

チャトゥニー

果物やハーブ類から作るソース状の調味料です。

サンバール

スパイスと一緒に、キマメと様々な野菜を煮込んだものです。日本で言えば、味噌汁のようなもので、南インドでよく食されています。

ラッサム

辛味と酸味の効いたトマトベースのスープです。南インド料理の一つです。
肉料理
タンドゥーリ・チキン

スパイス、ヨーグルト、塩などで作ったタレに付けておいた鶏肉を、

タンドゥールと呼ばれる釜で焼いた鶏料理です。 非常に香ばしい、北インド料理の代表的な一品です。

チキン

 

シーク・カバーブ

羊肉料理です。

 

 

 

茨城にて「土浦カレーフェスティバル」開催!

カレー5

全国各地からご当地カレーが集合。

さらにカレーNo.1を競う「C-1グランプリ」も開催!!!

土浦カレーフェスティバル」とは?

土浦市は、1929年、ドイツの大型飛行船ツェッペリン伯号が飛来した際に、

地元産のジャガイモや野菜を使ったカレーを乗務員に振る舞って歓迎したという歴史に基づき、

カレーによる食のまちづくりを展開しています。

その一環として、毎秋開催される「土浦カレーフェスティバル」には、

全国各地のご当地カレーが集合します。

さらに有名B級グルメも楽しめるのが特徴です。

「富士宮焼きそば」、「三崎まぐろラーメン」、「山形芋煮」、「北茨城のあんこう鍋」

すったり有名になりましたが今後はどのようなB級グルメが

登場するのか楽しみでもありますね♪

日本最大級のカレーイベントで、8万人の来場があろそうです。

土浦のカレーではずせないのは、地元食材で日本一の生産量を誇るレンコンを活用していること。

土浦カレーフェスティバル2014は
地元土浦レストラン中台の
幻の飯村牛とレンコンのビーフシチューカレー」が主菜部門で1位をとりました。

カレー6

飯村牛は年間の飼育頭数が180~200頭と少なく、

一般のお肉屋さんには流通していません。

東京都内の高級割烹店、高級焼肉店、高級レストランのみで使用されています。

茨城県内でもつくば市や土浦市のごくわずかな高級焼肉店、

高級料亭、高級レストランでのみ使用されていて、土浦市では当店のみでしか食べることができません。

土浦レストラン中台では飯村牛のA5ランクメス牛のみを使用しております。

肉

これは美味しそうですね(´∀`)

普通にステーキとしてがっつり食べてみたい・・・

全国から「主菜部門」「創作部門」「麺部門」と

いろいろなカレーメニューが登場するこの土浦カレーフェスティバル

カレー好きにはたまらないイベントですよね( ̄ー ̄)

横須賀カレーフェスティバル

カレー4

毎年行われる「横須賀カレーフェスティバル」

一体どこのカレーが優勝したのでしょうか…

どんなカレーが登場するのだろうか( ̄ー ̄)

私はカレーは結構好きですが、

まだまだ知らない全国のご当地カレーがたくさんありますので、

こういう情報はとても気になります(´∀`)

まず、2014年を振り返ってみましょう♪

優勝 埼玉県北本市の北本トマトカレー

準優勝 富良野オムカレー

3位 会津地鶏のカレー

カレー2

ライスがトマトによって赤い!!

ルーにトマトを使用、トッピングにもトマトを使うのがこの

埼玉県北本市の北本トマトカレーの定義だそうだ!!

2015

優勝 長野県大鹿村のジビエカレー

準優勝 富良野オムカレー

3位 門司港焼きカレー

カレー3

大鹿村ならではの食材である「鹿肉」と、

特産の「ブルーベリー」をこだわって使い作り上げた

風味豊かな欧風タイプのジビエカレーです。

ジビエとは、 フランス語で「狩猟によって得た食肉」のこと。

大鹿村でも古くから「山の肉」として尊ばれてきました。

鹿肉は近年、他の食肉と比べ脂肪が少なく鉄分が多いヘルシーな食材として関心を集めています。

村の食の職人たちが旬の野菜を厳選し、時間と手間を惜しげなくかけて、

鹿肉のもつ独自の旨みを最大限に引き出した商品はまさに“クセになる美味しさ”。

2016年5月14日(土)と5月15日(日)の2日間、神奈川県横須賀市の三笠公園で、

日本最大級のカレーイベント「よこすかカレーフェスティバル2016」が開催されます。

今年はどのようなカレーが登場するのだろうか・・・

2年連続の準優勝 富良野オムカレー

とっても美味しそうで気になります・・・

「富良野オムカレー推進協議会」では

お米は富良野産を使う。

中央に旗をたてる富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する。

「ふらの牛乳」を添付する。

不足の際には富良野産にんじんジュースをつける

料金は税抜き1000円以内で提供。

を義務付けている。

カレーの歴史

カレー

カレーは18世紀、インドからイギリスに伝わりました。

イギリスはインドを植民地(しょくみんち)として支配しはじめており、

インドのベンガル地方の総督だったイギリス人がしょうかいしたといわれています。

19世紀、イギリスで初めてカレー粉が作られました。

インドにはカレー粉というものはなく、いろいろなスパイスを組み合わせて、

カレーの味をつくっているのです。

もうひとつ、インドのカレーとのちがいは、小麦粉でとろみをつけたところです。

明治(めいじ)時代は、アメリカやヨーロッパの文化が日本に積極的に取り入れられ、

その中でイギリスからカレーが伝わりました。

そのころの『西洋料理指南(しなん)』という料理の本に、

カレーの作り方がしょうかいされています。

なんと、この本には、カエル長ネギを使うように書いてあるのです。

大正時代に今のような日本のカレーライスのもともとの形ができました。

日本のカレーはインド生まれ、イギリス育ちでしたが、

今わたしたちが食べているカレーはインドのカレーとも、イギリスのカレーともちがう

日本独自のカレーなのです。

 

日本でも全国各地で独特なカレーがありますし、世界でもいろんな国でいろいろな進化をしている

のですが、一体どういう違いがあるのでしょうか…

カレーを嫌いな方はほとんどいないと思います。

私も辛すぎるのはちょっと苦手ですが、やっぱり好きでしょっちゅ食べています♪

 

カレーライスだけでなく、らーめんやうどんとか、簡単にアレンジできるのが

カレーの強みではないでしょうか(´∀`)

さて、これからどんどん「カレー」でどんな料理があるのか、

調査していきますので、気になったのがありましたら挑戦してみてくださいねヽ(´▽`)/