カレーの歴史

カレーは18世紀、インドからイギリスに伝わりました。

イギリスはインドを植民地(しょくみんち)として支配しはじめており、

インドのベンガル地方の総督だったイギリス人がしょうかいしたといわれています。

19世紀、イギリスで初めてカレー粉が作られました。

インドにはカレー粉というものはなく、いろいろなスパイスを組み合わせて、

カレーの味をつくっているのです。

もうひとつ、インドのカレーとのちがいは、小麦粉でとろみをつけたところです。

明治(めいじ)時代は、アメリカやヨーロッパの文化が日本に積極的に取り入れられ、

その中でイギリスからカレーが伝わりました。

そのころの『西洋料理指南(しなん)』という料理の本に、

カレーの作り方がしょうかいされています。

なんと、この本には、カエル長ネギを使うように書いてあるのです。

大正時代に今のような日本のカレーライスのもともとの形ができました。

日本のカレーはインド生まれ、イギリス育ちでしたが、

今わたしたちが食べているカレーはインドのカレーとも、イギリスのカレーともちがう

日本独自のカレーなのです。

 

日本でも全国各地で独特なカレーがありますし、世界でもいろんな国でいろいろな進化をしている

のですが、一体どういう違いがあるのでしょうか…

カレーを嫌いな方はほとんどいないと思います。

私も辛すぎるのはちょっと苦手ですが、やっぱり好きでしょっちゅ食べています♪

 

カレーライスだけでなく、らーめんやうどんとか、簡単にアレンジできるのが

カレーの強みではないでしょうか(´∀`)

さて、これからどんどん「カレー」でどんな料理があるのか、

調査していきますので、気になったのがありましたら挑戦してみてくださいねヽ(´▽`)/

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *